ひとつ

アイドルに癒される幸せな日々

on eSTに参戦したよって話

チケット戦争に敗れ、今回のライブも行けないかなあと思っていたら、人生初・制作開放席のご案内。

会場は名古屋の日本ガイシホール

約1週間前に抽選で案内が届いて、金曜夕方に当落、土日にライブというスケジュールです。

日曜の昼公演なら日帰りで問題なく行けそうだということで申し込んだところ、運よくチケットを用意してもらえました。

 

どんな見切れ席だろうかと、むしろワクワクしていました。

というのも、このツアーは緊急事態宣言により延期されていて、その中で一度配信という形で行われていたため流れは分かっているので、どのアングルから見ても楽しめると思ったのです。

その場の空気吸えるだけでもハッピーだし、何より生で会えるのは2年ぶり。デビューしてからは初めてだ。どうしよう私SixTONESに会えちゃうな!?ひゃー!という気分。前日のバイトは(明日名古屋でライブを見る私ですが??)と穏やかな接客が出来ました。アイドルの力は凄いしライブは尊い

 

当たる気がする!となぜか自信に満ちていた当落前に買ったエセ量産型みたいな格好に着替えて。耳に入ってくる、行き先が同じであろうオタクの会話に耳を傾けたり傾けなかったりしていたら、新幹線は名古屋へ。

そして会場に到着。発券。

 

席はスタンドの上の方でした。メインステージとセンターステージをつなぐ花道のちょうど真ん中あたりが正面に来るところで、肉眼でアイドルが見える。花道に来てくれれば表情も見える。普通にライブが楽しめる…!席運が割とない私的には十分の席。今まで数回ライブというものには行ってますが全部バクステ寄りだったので、メンステ寄りというだけでなかなか良いと感じました。

グッズ通販は間に合わなかったのでチェンエラペンライトで代用。このペンライト、桃色よりも紫色の方がピンクっぽくないですか?(急に誰に話しかけてるんですか?)

トイレに並んでいる時金髪ギャルの樹担お姉さんを見かけ、勝手にテンションが上がるなどしていたら開演。

 

 

ああ、生きてる…推しが生きてる…

 

生で見るアイドルは本当にかっこいい。ライブ自体の構成や演出がとても楽しめる内容なのはもちろん、光の集合体としてではなく、本人がその場で歌って踊っているという事実がたまらなく贅沢で、幸せだな、来れて良かったなと何回も思いました。

 

私は大我さんのファンなのでやはり彼に目が行くのですが。

彼のやることなすことがとにかく美しくてかっこよかった。

流石だなと惚れ直しました。好き。

あとどちらかというと金髪派なので、金髪に戻した(戻した?)タイミングで会えて嬉しかったです。

 

あとこれは以前参戦したときも感じたのですが…

生髙地優吾めちゃかっこよくね??????

いや、普段からみんなかっこいいんだけどさ、生で見た時に一番きゅんとくるの個人的には髙地さんなんですよね。

顔小っちゃくてスタイルも私的に好みだし、きらきら笑顔で手振ってくれるのがめちゃめちゃまぶしくて。挨拶とかMCで話している感じもみんなが愛するあの こーち で…

良いよねぇ、髙地。

 

見切れないなと思っていたら、メンステでリフターが上がったときに、二人くらいスピーカーに被って見えない時はありましたね。でもそれくらいでした。

 

スマイルアップシールド、全く気にならなかったです。

普段マスクに眼鏡しても曇らないので何も使わなかったけど大丈夫でした。

 

この星でジェシーちゃんに飛び乗った大我さんの一連の流れはあまりにもピースフルでキュートだったので忘れないようにしたい。

 

 

以上です。

#セクゾのRUNを買っちゃった

自分のブログを見返すと、面白く書こうとして結果そんな面白くないみたいな文章でなんかムズムズ恥ずかしい感じがするというか。

消したい衝動に駆られるけれど備忘録だしもったいないなと思いとどまるってのを繰り返しています。

 

 

なんのこっちゃという話から始まりましたが、何となくブログを書きたくなっただけでございます。

 

大学生になってレポートを打ち込みまくっていた前期が終わり、ゆるーくバイトしながら夏休みを過ごしているわけですが、ちょっとパソコンカチャカチャやりたいなーと思いまして今に至ります。

 

そういえばしれっと大学祭中止のお知らせ来てたな。

例年いつ何をやってるのかも知らないまま姿を消しましたね。

一応うちの大学はオンラインと対面を半々でやっているので、割と大学生っぽい生活は出来てるのかな?とは思いますが、楽しいことは特にないのでなんだかなーという感じです。

 

そんなことより本題です。

初めてSexy ZoneのCDを買ったよ!!!!!

 

 

 

 初披露された時に「好きだな~」と直感的に思い、以後歌番組で見るたびに「かなり好きだな~」と気に入っていったRUN。

 

あるときYouTubeで何となくMVを見ました。

それと、ラジオでフルバージョンも聞きました。

 

いや、やっぱめちゃめちゃ好きだな

 

疾走感のあるストリングスと、希望が見える歌詞がめちゃ好み。

そしてそれを彼らが表現して完成した作品はさらに良い。

 

こりゃ欲しくなっちゃうぞ?と。

 

とりあえずカップリング聞いてから考えようと思って、全曲ラジオで流れたのをradiko時間指定してまとめられていたありがたいツイートを発見したので聞いてみた。

 

So Sick好き~!

わたしゃおしゃれなメロディーに人間の脳内垂れながしの歌詞を乗せる曲と、さわやかな音楽にエモい歌詞付けた曲がすきなんだよ!!

 

:::::::::::::::::::

(以下最後まで2021年4月20日追記)

何となく下書き漁ってたらこんな記事眠ってたぞ???

これは完成させて公開したいやつじゃんおいおい…。書き始めたの2020の夏休みらしい。もう春だよ。

どうせ足すなら、RUN以降のことも書きたい。

よし、気にせず行きましょう。

:::::::::::::::::::

 

カップリング聞いたところ、So Sickが一番好みだったし、元から好きな、バラエティー企画をやる彼らが見られるので初回Bを買いました。

 

 

 

そんなこんなで私的・Sexy Zoneデビューを果たしたわけですが、その次のシングル「NOT FOUND」も買いました。買っちゃった!

 

おしゃれなセクゾが好きだって言ったじゃん!!また良いツボ押してきやがるな!!(嬉)

 

こりゃ買いだわ~

聡ちゃんおかえりバーベキューが見たすぎたので、これも初回Bを購入しました。

3回ぐらい見た。いい動画だぁ。

 

 

 

とりあえずこの記事はここまでに。

また何かあったら書きます。それでは。

 

 

 

最新版・私の推し事情

パソコンで文字打ちたいなー

久々にブログなんか書いてみようかなー

なんて思い、今に至る。

 

SixTONESも個人ブログ開設して毎日のように投稿してくれるしね!

嬉しいね!やほい!

 

といっても書くことがなかなか思いつかないので、

「私は今何を推しているのか」について記録しようと思う。

 

以前にも推し事情をまとめたことはあってそれが2019年2月28日なので、

およそ1年と2か月ちょいといったところだ。

 

過去の記事はこちら↓

mosan6.hateblo.jp

 

1年もすると掛け持ちオタクの熱量というのは変化するもので、

前はまだ推していた欅坂46はもう追ってないし、

キンプリもゆるい茶の間ファンに落ち着いた。

 

ただ、新しい沼にもはまっていない。

でもライトな変化(?)はあって、

セクゾが気になりだしてキンプリちゃんと同じくらいの熱量で応援してるし、

前までは「Hi美はどちらかというとHiHi派だな~」くらいだったハイハイちゃんを、

若干ハラハラするけど面白いしこれからが楽しみだなと贔屓している。

 

まあ前の記事と上に書いたことを照らし合わせれば分かるのだが、そろそろ本題。

 

今私はSixTONES日向坂46を推しグループとしている。

 

熱量的にはSixTONESがメイン。

日頃ポケーっとして思いを巡らしたり想像してみたりするのはほぼほぼストちゃんのことである。

 

NAVIGATORの発売日いつになるかな

カップリングも楽しみだな

今週のオールナイトニッポンは誰が出るのかな

そんなことを日々頭の中で考えている。

 

担当は変わらず大我くん。

あ、1年経って呼び方が変わったね。

大我くんって呼び始めるとあら不思議、

リア恋的感覚が湧いてくるではありませんか。

 

ただリア恋とは少し違って、

以前他の方が言っていた言葉を借りると“リア恋枠”というより“恋枠”。

だってあんな人リアルにいないもん。

いやまあ実際は存在するんですけど。

 

現実的に考えて京本大我という人間が恋愛においてのタイプに当てはまるのだろうかと言われると、そうでもないのかもしれない。

でも恋愛的な“キュン”という感覚を覚えることはあるのだ。

 

なんか若干「リア恋ではなく恋枠」の説明というより

ガチ恋ではない」の説明になってる気がするが…まあいいや。

言葉では説明し辛いからとりあえずはこのくらいで。

 

もちろんそれ以外の好きな理由はたくさんあるし、

なんならそっちのほうが真意だったりするけど、

話すと長くなるのでここでは割愛。

 

 

嵐はなんというか、生活に染みついている感じ。

当たり前のように出演するものはチェックするし、

それ見て楽しいな面白いなって素直に思ってる。

 

この2つのグループを推しているマインドの違いというと、

SixTONESはファンとして出来ることは自分の出来る限りして貢献したい応援したいな(でもラフにラブを、の気持ちは忘れずに。)と思ってるけど、

嵐のほうはそこまで気負うことなくファンをやっている感じがする。

グループの立ち位置の違いも関係してるだろうなとは思った。

 

あと、箱推しかどうかの違いもあるな。

SixTONESは箱推しじゃなくて、嵐は箱推し。

 

私の思う箱推しって、グループが好きという意味ではなくて1人1人みんな大好きで担当が決められない(もしくはしいていうならこの人)ってことだと思っていて。

大我くんとSixTONESが好き、嵐が好きでその中だと櫻井くんが好き、みたいな。

 

 

↑↑↑ここまでが昨日の夜中書いた分で

一晩明けた今続きを書いているんだけれど、

考え直してみると嵐も私の思う箱推しではないなとも思った。

 

嵐とSixTONESと大我くんが好き。

あれ?言ってること一緒じゃね??

 

…感覚を言葉で表現するのって難しいね。

 

確かに嵐はみんなだいたい同じくらい好きだけど、

全員推し!っていうと別にそこまでの熱じゃあないなと思ったってことなんだけれど。

 

なーんかわかんなくなってきちゃったな~。

単純に説明できそうなのにな。私の力不足かしら。

 

これだ!って説明できるようになったら追記しようっと。

 

 

日向坂46はゆる推し。

というか、活動全般を追ってるわけではなくて

主に音楽活動を追ってるからライトなファンになる。

 

音楽聞こうってなったら選曲することが多いし、CD発売されたら買う。

一応推しを選ぶとすれば丹生ちゃん。

 

バラエティーはたまにチェックする程度。

ひなのはマジで逸材だな。

 

 

…とまあこんな感じになるんですかね。

どんな感じだよってセルフツッコミしそうになったけど。

 

備忘録として残しておきたかったので、

なんとなく今の私をまとめられて満足!

 

次の更新はいつになるのやら。

そもそも更新されるのかも分からないけど。

 

ひとまずこれで「最新版・私の推し事情」は終わり!

 

 

 

 

 

あ、そういえばブログの名前変えました。

 

大我くんがデビュー直後、

2020年2月1日のらじらーで流した曲のタイトル。

 

「今から流す曲はですね、ずっと大好きなバンドの曲なんですけど、SixTONESがミリオンとかいろいろ達成したキッカケでもありますので、その感謝をこの曲を通して聴いていただきたいと思います。」

 

音楽で気持ちを伝えてくれるなんて大我くんらしいなと思ったし、

その歌詞を聞いていたら、恐れ多いとすら思っちゃうくらい幸せな気持ちになったことが忘れられない。

ひらがなで恋したい

けやき坂46

なんて読みますか?

けやきざかふぉーてぃーしっくす?

あれ?漢字に変換し忘れたのか?



いいえ、「ひらがなけやき」と読むんです。



好きなアイドルグループについて語りたい第2弾。

1回目はこちらからどうぞ。ジャニーズのSixTONESです。
SixTONESの沼にズドンした話 - 原石たちが切り開く新時代




私がけやき坂46 改め 日向坂46を好きになったお話を、時系列順に(所々入れ替わってるかも)つらつらと書いていこうと思う。



そもそもけやき坂46、日向坂46とは?って言うのは公式サイト全部説明してくれるのでこれを読んで欲しい。私の文章力では上手く説明できない…。

日向坂46公式サイト



遡ること2年前。

欅坂46に出会う。

ちょうど二人セゾンの時期。

そう、てちが最高に可愛かったあのとき。今もかわいいけど。

その話はまた別に語るとして、欅坂46(漢字欅)を知っていくと自然とけやき坂46(ひらがなけやき)の存在も知ることになるわけで。

正直最初は興味なかった。

そもそも女性アイドルを好きになったのは欅坂46が初めてで、他とは違う、ぶりっこっぽくなくて曲のメッセージ性が強いところに惹かれたから。

女の子らしいひらがなちゃんはまだ苦手意識があったというか。

曲もぱっとしない印象だったし。(今は大好きだよ!!!)



そんな私がなんでひらがなのファンになったのか。

それはちょうど2期生が加入した頃だった。

漢字欅を好きにって時間が経っていたから、女性アイドルへの免疫もついて、女の子っぽい感じも普通に可愛いなーって思うようになっていた。

姉妹グループだしチェックしておこうと思って2期生を見た。


…… 可愛い!!!!!!

いやもう、みんなルックスが良い。

そのときは河田陽菜ちゃんがいいなって思った。同い年でこんな可愛い子が…って。(…てちの時と同じはまり方)

ひらがなちゃんポテンシャル高っ…って応援するようになった。



4月に始まった冠番組ひらがな推し

そこでひらがなのチャンスをものにする!っていう強い意思を感じた。

特に1期生。

2期生にはまって応援するようになってたから、1期生よりも2期生ばかり目を向けていた。

でもこの番組を通して、1期生も2期生も、みんな好きになった。

ちなみにこの番組で丹生ちゃんの声の可愛さと癒されるキャラクターに心奪われ、推しは丹生ちゃんと決めた。



漢字欅の事情で急遽決まった武道館3days。

そこであれが発表される。


単独アルバム「走り出す瞬間」リリース決定

ひらがなーーーーーー!!!!おめでとう!!!!!!!!!!って喜んだ。

初めて自分のお小遣いで買ったCDはこれ。

かとしの「男友達だから」と、こさかな・美穂ちゃん・丹生ちゃんの「キレイになりたい」が特に好きだったから、初回限定B版を買った。

男友達だから、良い曲だよな…カラオケであると絶対歌うもん。というか前までなかったのに次カラオケ行ったらソロ曲入ってたときの感動よ。



そして3期生の加入。

まさかの1人。

「いつでもどこでも変化球♪ひなのなの♪」

…やられた。可愛い。ひなのなのっ!!!(軽率)



でも前から思ってた。

どうしても漢字欅の陰に隠れてしまっている感じ。

名前が浸透しづらい。



そう思っていた矢先。


日向坂46へ改名&単独シングルデビュー決定

…泣ける

え!泣ける!!!日向坂46!!おめでとう!!!単独シングルおめでとう!!!!ひらがなちゃんたちが!!!あぁ!!!私も嬉しいよ!!!!!!!日向坂46ってめっちゃ良い名前じゃないか!ハッピーオーラ!!空色!!何!?え、良かったねぇーーーーー!!!!!!!!!!!!!!!!!日向坂46!!


(Twitterと上手く連携出来なかった)

(これ発表されたときのやつ)



本当に嬉しかった…。

日向坂46って…。

めちゃくちゃ良い名前じゃん…。

空色もぴったりだなって思った。

1つの坂道グループとして歩き出せる。

素晴らしいことだね本当。



(デビュー発表のこの喜びをSixTONESでも味わいたい…絶対泣ける…想像しただけで泣ける…)



ちなみにけやき坂46としては最後の楽曲、君に話しておきたいこと も、みんな髪の毛ふわふわで衣装も空色で可愛いから見て欲しい。

けやき坂46 『君に話しておきたいこと』Short Ver. - YouTube



念願の独立。

新たな名前。

もっともっと売れて欲しい!

世間に名を広めて欲しい!!

新たな旅立ちをとても期待しています。



応援してるよ!頑張れ日向坂46!!!!!

SixTONESの沼にズドンした話

簡単な自己紹介はこちらから
私の話 - ひとつ


SixTONES

まさかJr.にはまるとは。

こんなハイスペックなジュニアがいるとは。

そう思ったのは半年前、2018年夏。



何から話して良いか分からないからまずは沼にズドンしたきっかけの動画をどうぞ



SixTONES - JAPONICA STYLE (Recording) - YouTube

SixTONES【レコーディング】裏側編 - YouTube


みんな大好きJAPONICA STYLE。

レコーディング編とその裏側編。

いやもう衝撃的で…。

えっなにこれ、え、やば…すご…(言葉を失う)

きょもとジェシーのビブラート効きまくりのハァァ~~~~~のところあるじゃないですか。(伝われ)

特にそこ。

鳥肌ものだった。

しかも私の大好物「ギャップ」が見られるのが裏側編。

さっきあんなに魅力的な歌歌ってたじゃん~なにこれ、えー、こっちも良い←

ズドンする以外ないよねって状況。

ちょうど夏休みだったから、ひたすら動画見まくってるうちに気づいたらスト担になってた。



でも初めて見たっていうわけではない。

多分初めてはこれ。



SixTONES【Myojoの裏側公開】in沖縄! - YouTube



アイドル誌Myojoの撮影裏側。in沖縄。

アイドル誌という存在を知ってから数か月。

おすすめに出てきて、裏側かー、そういうの好きだから見てみよーって思って見た記憶がある。

グループも個人の名前も覚えて無かったから本当に何となく見たんだけど、楽しそうだなーとか、砂に埋められた人イケメンだなーとか、そんな程度だった。

でもJr.チャンネル結構良いかもなって感じて、そこからちょいちょい面白そうな企画を、グループとか関係なしに見ることはあった。



{ちなみにJr.チャンネルで初めて見たのは恐らく東京B少年(美 少年)の生卵振って茹で卵にするやつ。

同い年⁉年下⁉中学生⁉って驚いたのは覚えてる。

でもHi美だったらHiHi Jets派。(どうでもいい)}



そこからチャンネル登録して毎週見るように。

最初はSixTONESの動画と面白そうなやつだけ見てたけど今は全グループ見てる。



そんなこんなでSixTONESのファンになった訳ですけど、去年のSixTONESといったらあれですよね。


YouTube アーティストプロモ」キャンペーン


あー、私SixTONES好きなんだわ。また好きなグループ増えちゃったな困ったなぁ~。なんて、人生楽しんでた時のこと。

Twitterが大変なことになっていました。


ジャニーズをデジタルに放つ新世代。


えええええぇぇぇ~~~~~~!?!?!?なにこれ!?!?!?

通学電車の中だったので声にも顔にも出せませんでしたが、画面には品川駅の大看板の写真が。



めっっっちゃかっこいいSixTONESの6人が。



凄い人たちにはまっちゃった…えー凄いな…てか東京羨ましい…って思った。

好きになって間もないけど、凄く感動した。

嬉しくて嬉しくて。



そこからは次々と新しい情報が入ってきて時間が過ぎるのが速かった。

でも凄いわくわくして、楽しかった。今も楽しい。

汐留の大きな広告、MV、すとらじ生配信、YouTube FanFest…

私にSixTONESという存在を教えてくれて、こんな素敵なキャンペーンにSixTONESを選んでくれたYouTube

YouTubeさんありがとう。本当に。


こんなにワクワクしたことはない!と思った私、決心しました。

ジュニア情報局に入ろうと。正月に。1月1日に。

当然ながら三が日はお休みだったので正月明けてから入りました。

最初に見たのはあけおめ動画。

きょもの「よげん」が見たかった。



今年に入ってからは映画少年たちもあるからか表紙&雑誌祭。

しかも今度のドッキリGPに出演。

SixTONESが地上波に。

SixTONESが地上波に。



はーーーーっ、書いてるだけで今まで感じた興奮がよみがえってきて疲れた…でも幸せ…

もう少し行きましょう。



なんといっても2019最初のBIGイベントと言えば。

そうですね、ライブです。

CHANGE THE ERA -201ix-です。

名前が格好いい。

201ixとかもう、なんていうか、センスが良い(語彙力)

「時代を変える」とか、ほんとに「SixTONESは最強です」(ジェシーの声で再生してね)

大阪は遠いから、結成日に行けないのがちょっと残念。

でも申し込んだ3公演中1公演当選。初日3/21日の夜。

やっと会える!!!生で見られる!!!

楽しみで仕方がない。

去年の横アリとサマパラのダイジェスト見てずっと予習してる。

北斗くんのブログでの匂わせでワクワク倍増。

とにかく、楽しみ。それだけ。



明日3/1日からはislandTVもスタート。

新しいジャニーズの歴史を作っていくSixTONES。ジャニーズJr.。

1年前、自分がこうなるなんて思ってなかった。予想できなかった。

SixTONESと同じ時代に生まれて、こうやって応援することができて幸せだなって思う。大袈裟じゃないよ。

デビューして欲しい。

でももしかしたら、それよりももっと凄い仕方で、世の中に知れわたるようになるかもしれない。

そんなスリリングなことだって、彼らなら成し遂げられると信じて、これからもついていきたい。


約束されていない明日は、いくらでも作っていける

私の話

面白い文章がかける人に憧れて始めてみたはてなブログ

憧れているだけで、私は文章を書くのが苦手だ。

その証拠に、書き出しにはなんのインパクトもない。

でもそれでも良いんだ、書きたいだけだから。

ということで、興味はないだろうけれどこれからブログを書いていく上で必要かもしれないから、私のアイドルファン歴を簡単にご紹介。



・2014年、母の影響でじわじわ嵐ファンに。

・2016年秋冬、欅坂46にはまる。

・2017年12月、念願の初嵐ライブで嵐さんをずっと応援すると心に決める。

・2018年春、King&Princeのデビューが決定&花晴れ放送で興味をもつ、そしてファンになる。

・2018年初夏、二期生が加入した辺りでけやき坂46(後の日向坂46)にはまる。

・2018年夏、SixTONESの沼にズドンする。



見てわかる通り、2018年は私の中のアイドルの在り方が大きく変わった。

大好きな人たちが輝く姿を見て、癒されたり元気になったり。

日々の楽しみと言ったらほぼアイドルである。



推しは以下の通り



嵐→櫻井くん(櫻井翔)

SixTONES→きょも(京本大我)

King&Prince→かいちゃん(髙橋海人)

日向坂46→丹生ちゃん(丹生明里)

欅坂46→ぺーちゃん(渡辺梨加)



基本的に美しい人が好き。

これがいわゆる面食いってやつなんだろうか。

目の保養。

推しといえども、どのグループも箱推しなので前提としてみんな好き。



とりあえず自分の紹介はこの辺で。

各グループのことはこれから順番に書いていこうと思う。

全部書き終わる頃には、もう少し良い文章が書けるようになっていたらいいなぁ。